慢性的な膝の痛みと鍼灸

 

 中高年の方で膝の痛みの多くは、

関節の変形が原因となっています。

 

整形外科などでは、変形性膝関節症

と診断されることが多いです。

 

膝関節が変形しているかどうかのチェック

ポイントです。

 

仰向けに寝てかかと同士をつけた時、

膝がくっつくか?

 

→膝の内側が離れ指が2本入るようなら

O脚(内反変形)の可能性があります。

 

仰向けに寝て膝を伸ばした時、膝の裏に

すきまがあるか?

  

→指2本が入るようなら、ももの裏側や

ふくらはぎに硬さがあります。

 

また症状では、動作を始める時に痛みを

感じるようですと、変形が原因であること

が考えられます。

 

例えば、歩き始め、イスから 立ち上がる

とき、階段を降りるとき、などです。

 

鍼灸治療では、膝周囲の血行を改善し、

膝周囲の筋肉の硬さを緩めます。

 

また、かかとのツボ(失眠=しつみん)

へのお灸も合わせて行うことで、膝関節の

動きが大きくなるよう促します。

 

 

京成線青砥駅1分

 小林はりきゅう院

 

治療料金・アクセスへ

 

 03-3838-2232