顔面神経麻痺と鍼灸

 

 顔面神経麻痺(末梢性)は鍼灸治療の対象となります。

(ベル麻痺、ラムゼイハント症候群、外傷性)

 

 

当院開業以前に、筑波大学理療科教員

養成施設で顔面神経麻痺の鍼治療に携

わっていました。


鍼治療を開始する際、発症からの経過が

長い場合は、回復が難しく傾向があります。


医療機関 (専門は耳鼻科)での治療

(主に薬物)と並行して、発症後早期

鍼灸治療を開始することが大事だと

考えています。

 

 

 

当院に顔面神経麻痺の鍼灸治療に来院

される方には、次のような顔の筋肉を

(表情筋)動かすトレーニングを

こまめに行うことをすすめています。

 

1. 眉毛を吊り上げ、おでこのシワ寄せ。

2. 眉間にシワ寄せ。

3. 目をギューを閉じる。

4. まばたきをする。

5. 口角を引き上げて「イー」。

6. 口笛を吹くように口をすぼめる。

7. 頬をふくらませる。

8. アゴの下の筋肉に力を入れる。

 

 

京成線青砥駅1分

 小林はりきゅう院

 

治療料金・アクセスへ

 

 03-3838-2232